血圧 運動

MENU

血圧を下げる運動とはなにか

 

血圧が高くなったので運動しよう、そう思われる方は比較的少ないように思うのですが、実は血圧と運動は大きく関連しているのです。
血管年齢という言葉を聞いたことがある方も多いのではないかと思うのですが、運動すると血管が柔らかくなり、血管年齢が若返るらしいです。

 

血管が柔らかくなりますと、血管が開くようになり、結果として血圧も低くなります。
特にデスクワークで運動をしていない方、運動自体は良くしているけど、ここ最近忙しくて全く身体を動かせていないという方は要注意です。
そんなときに血管年齢は高くなり、血管が硬くなってしまっているのです。

 

また、血管年齢だけではなく、肥満も高血圧の大敵ですので、血圧値が気になる方は適度な運動をして肥満を解消するように心掛けると良いでしょう。

 

肥満解消はなかなか難しいですし、それが出来ているなら既に自分は健康ですよ、と言いたくなるかもしれませんが、肥満はあらゆる病気の危険性を高めますので、やはりここは食事制限や適度な運動を行うことで何とか肥満を解消したいところですね。

 

さて、では実際にどのような運動をどのくらいの時間行えば血圧を下げることが出来るのかについて少し触れてみようと思います。

 

血圧を下げる運動は有酸素運動!

 

血圧を下げる運動として代表的な物は有酸素運動です。
ウォーキング、ランニング、縄跳び、水泳、エアロバイクなど基本的な運動をすれば良いと思います。

 

これらの有酸素運動を出来れば2日に1回、30分以上続けましょう。
そう書いてしまうととても難しいように聞こえるかもしれませんが、意外に簡単です。

 

例えば会社への通勤を1駅分歩くだとか、バス通勤を自転車通勤に変えてみる、だとか、上手く日常生活に組み込んでしまうことが出切れば意外に負担なく続けることが出来ます。
朝が早い方は帰りのみ歩く、早く帰りたい方は朝だけ歩く、のように自分の生活スタイルや心理まで考えて計画を立てることが出来ればなお完璧です。

 

また、日本健康事業促進協会は、どんな運動をしている人が最も血管年齢が若いのかについて実験を行っています。
その結果、ジョギングや水泳をしている人たちが最も血管年齢が若く、筋トレや運動をしていない人たちはやはり血管年齢が高いことが分かりました。

 

この事からも有酸素運動が血管にいいことが分かりますね。

 

運動はなかなか続かないですが、一度身に付いてしまったら逆に運動しないと落ち着かないと言われる方も多いです。
まずは毎日の生活スタイルに上手に組み込み、少しずつ運動を始めるようにしてはいかがでしょうか。